こんなときにはうどんがおすすめ!健康的なうどんの食べ方

こんなときにはうどんがおすすめ!健康的なうどんの食べ方

うどんはカロリーが低く消化に良いので、健康維持として人気のある食べ物です。
そこで、今回はうどんの特長や食べ方・トッピングについてをご紹介いたします。
普段何気なく食べているうどんをちょっとアレンジするだけで食生活を見直せるので、健康志向の方におすすめです!

うどんの特長

胃腸に優しく消化に良い

うどんの原料となる小麦粉は、およそ70%~80%が炭水化物で、消化が早いという特長があります。
また、うどんの場合は製麺するときに油を使用しないので、ラーメンやそうめんと比べると、うどんの方が消化・吸収に優れています。

良質なエネルギーになる

炭水化物は糖分と食物繊維で構成されており、糖分はエネルギーとして利用されます。
さらに、うどんは消化・吸収にすぐれているので、胃にとどまっている時間が短く、速やかにエネルギーとなるのです。
一方、そばの場合は食物繊維が多く、胃にとどまる傾向があるため、エネルギーとして利用するためには時間がかかります。

うどんはこんなときにおすすめ

晩御飯に

寝る前に消化の悪い物を食べると、消化不良を起こして太りやすくなったり、睡眠の質が低下したりする可能性があります。
その結果、健康や美容を遠ざける原因につながるので、夜はなるべく消化に良い食べ物を意識しましょう。

スポーツの前に

うどんはすぐに糖分に変わってエネルギーとして利用されるため、運動する前に食べることで、相乗効果が期待できます。
食事と運動は健康の要となるので、生活習慣予防やダイエットを検討している方にもおすすめです。

病気のときに

体調が優れないときは消化酵素の分泌を抑え、代謝を優先させてゆっくり休むことが大切です。
消化に悪い物や胃腸に刺激を与える食べ物は体調不良を悪化させる可能性があるので、なるべく控えるようにしましょう。

食べ方やトッピングに注意

うどんは健康に良い食べ物ですが、食べ方やトッピングの組み合わせによっては、栄養バランスが悪くなることがあります。
しかし、下記3つのポイントを意識するだけで、バランスよく栄養を摂取できるので、偏らないように気を付けましょう。

よく噛んで食べる

あまり噛まずにうどんを食べると、栄養の吸収が早まって高血糖のリスクが高まります。
これはうどんだけではなく、全ての食べ物に対しても同様となるので、よく噛んで食べる習慣を身につけておきましょう。

サラダと一緒に食べる

うどんだけで全ての栄養を補給できる訳ではないので、なるべくサラダと一緒に食べて、バランスの良い食事を心掛けましょう。
別々で食べたり、サラダうどんとして一緒に食べたりして、アレンジを加えながら食べると飽きずに美味しく食べられます。

揚げ物のトッピングに注意する

うどんのサイドメニューには、天ぷらやおにぎりなど、高カロリーな食べ物がたくさんあります。
これらの組み合わせを気にせず、炭水化物を過剰に摂取してしまうとカロリーオーバーになってしまうので、なるべく意識しておきましょう。

健康を意識して美味しくうどんを食べよう

健康への第一歩を踏み出すためには、食事・運動・睡眠環境を見直すことが大切です。
うどんの特長や注意点を意識したうえで、食生活を改善するだけでも健康維持につながるので、体調不良に悩まされている方は、一度試してみてください。
「健康には気を使いたいけど、忙しくて時間が取れない」という方にもおすすめです。

讃岐うどんと麦香

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です